そんなめで

ねむれない Google+
Google+ | 鈴木亮司
てをのばすのさ
あちらこちらへと
それがしょうぶん
うまれつきさ

いみのない
はなしは
やめてくれよ
おいらそれじゃ
くさっちまう

ちらかした
ゆめのくずを
かきあつめて
いるのさ

そんなめで
みないでおくれ


そんなめで
みないでおくれ



━━━━━この詞の歌は「続きを読む」で━━━━━



【capture image】
1201201134.png
▲0分46秒

1201201135.png
▲1分52秒

1201201132.png
▲2分32秒



■title : Sound for sleeping(眠るための音)




Texte alternatif


[4min15sec]
▲眠れる音を作ろうとしたら、こんなものができました




1201182106_05ed.png
▲midiトラックはひとつ。シーケンスもパターンひとつ。
・フィルターのレゾナンスは手書き。
・ディレイ音のフリーケンシーはわずかにゆっくりゆらしている。

Date: 2012.01.21 Category: うた&ギター/ベース  Comments (21) Trackbacks (0)

いきようね

ねむれないおたがい
view of mine
意味もなく
このまま
たどりつくのは
さみしくて

朝焼けのなかを
はしる孤独の
viewer of mine(mind)



woo
きらめくラストスター

woo
アスファルトの上

woo
消えることさえもわすれた…



さめた風に
あたり
いきることも
なれたさ

だけど
うたうことだけは
忘れはしない



ここにくればいつか
安らげるさきっと

みえない
風景のなかで

みえない
風景のなかへ▼






■title : view 2011
■著作・制作/歌と演奏 鈴木亮司 (c) Ryoji Suzuki 2011

■□■□■□■制作のことなど□■□■□■□


闇は
光を生み出す
けども
その光もまた
闇に帰りついたとき
その闇のなかでこそ
やすらぎを
得るのではないだろうか?


といった、
Ryoji Suzuki 19歳当時 の
あまりよろしくない『思想』。

その『思想』、
その当時、そのまま、
歌にしてしまったものです。


19歳の時に作詞作曲したこの歌、
トリオバンドスタイルで
自ら歌唱と演奏をしていました。


歳月を経て、
今回新たに録音しなおしましたが、
アレンジは当時のものを主体として、
ボクのおもう本来のイメージの再現のために、
さらに楽器音色を多く加えた、
その状態を今作品として仕上げました。

そして、
主体アレンジに
多くの「流れ」を
詰め込んであるのは、

当時の
「コンテスト向けアレンジ」
の名残りです。


■□■□■□■コトバ(Ryoji流)□■□■□■□


孤独:
ひとりは楽しむもの。

…でも
ひとりが寂しいとき、
誰かと集まれば楽しくなれますね♪


みえない風景:
ここでは闇を指しています。

…でも
眼を閉じればどのみち真っ暗。
幸せな夢やステキな風景、
眼を閉じることで自分でも描いたりして♪



Ryoji Suzuki☆
インフォメーション:

Date: 2011.08.27 Category: うた&ギター/ベース  Comments (6) Trackbacks (0)

さがしもの

ねむれないのについ
joking_key.gif
あれこれ
さがしているうちに

なんで
さがしていたのか
みうしなった

しかも

なにを
さがしていたのかも
わすれた

ところが
でてくるわ
でてくるわ

かんじんなとき
みつからないのに

こういうときに
でてくる
でてくる

いろんなもの
いろんなガラクタ
(おたから)

まんず
“なくなる”
ちゅうことは

めったに
ないものなのですなぁ

あ、
独り言です♪


今回は
前回の楽曲のつづきで
ギターソロ、オルガン、ベースを加えました▼

Saa by ryojisuzuki


■□■□■□制作の更新□■□■□■


5月21~26日に以下の項目を追加編集しました:

・Bass Guitar(fretless)を追加演奏
110526_1346~02

・Guitar イメージを付加、演奏
110526_1347~01

・organ イメージを付加、打ち込み
organ.png

・主旋律のorganアレンジとGuitar Soloを構成してひとまわり追加
score110526.png

・AGとVo各ノイズ、各Clipレベルを全体の80%くらい補正
110526_1353~01

・全体のバランス、各種エフェクトの補正
master110526.png


※この曲は12小節ブルースの進行を基調に制作しました。


歌詞はこちら⇒なるたけね


【制作後記】

テイクごとのコメントをくださった、
ブロガーの さはんじ さま(Sound Side) をはじめ、
みなさまのご来訪、また励ましを頂戴したことで、
制作の更新ができました。
本当に有難う御座いました。


Ryoji Suzuki☆




Date: 2011.05.28 Category: うた&ギター/ベース  Comments (9) Trackbacks (0)

つぎつぎと

ねむれないよねでも
ねむれないあなたへ「菜の花は黄色」
かなしみのない
あさやけが
きみをつつんだね
ぼくのこえいまゆめもよう
ひかりのとどかない
そこにおいた
ギターの
いろもあせた
くるしみ
ときをきざんだ
ことばにならないおもいは
ギターでかなでる
ゆめのはかなさ
かこからたよりがとどく
ときのきおくと
ゆめうつろなはざまに
よあけをおもい
うたおう
しあわせさがす
そんなこと
できないとゆうことばも
だれにもいえないよね
はるかなゆめたどれば
かぜにまうであいは
ぐうぜんとさだめおりなしたきみ
はだかのぼくさえほんとうは
こたえのないうつせみやどりぎのみ
いつかはかたちないもの
だからいまだけ
なにもない
おとだけで
きみのこころぼくがいるそのときを
うたで
かたろう
はるかなかぜはこぶゆめもよう
はるかなかぜはこぶゆめのよう▼

The dawn of the soul by ryojisuzuki


■□■□ことば□■□■
うつろ 【空ろ/虚ろ】
気力や生気を失い、ぼんやりしているさま。「―なひとみ」
むなしいさま。空虚。 「話も―に響いた」


はざま 【狭間/迫間/間】
物と物との間の狭くなったところ。あいだ。
「雲の―」「生と死の―」
事と事の間。間の時間。
「其の暇の―には天台の止観をぞ学しける/今昔 13」


うつせみ 【空蝉】
この世の人。生きている人間。
「―と思ひし妹が玉かぎるほのかにだにも見えなく思へば/万葉 210」
人間の生きているこの世。現世。世間。
「―はもの思(も)ひ繁し/万葉 4189」

やどり-ぎ 【宿木/〈寄生〉木】
他の樹木に寄生する草木。
ある鳥がとまる木。ウグイスの梅、ホトトギスの橘・卯の花など。


はるか 【遥か】
心理的に遠く隔たっているさま。
「まだ見ぬ国に―な思いを寄せる」「見奉りしにつけて、身のほど知られて、いと―にぞ思ひ聞えける/源氏(明石)」

気持ちが進まないさま。
「大床子の御膳などは、いと―に思し召したれば/源氏(桐壺)」

程度の差がはなはだしいさま。
「不二といへる名山あり。其の大きさ五岳にも―まさり/滑稽本・志道軒伝」


かこ 【〈水夫〉/〈水手〉】
〔「か」は梶(かじ)、「こ」は人の意〕船を操る人。古くは広く船乗り全般をさしたが、江戸時代には下級船員をいった。

かこ 【鹿子】
シカ。
「海中(わたなか※)に―そ鳴くなるあはれその―/万葉 1417」
※わたなか
〔「わだなか」とも〕海の中。
「ありねよし対馬の渡り―に幣(ぬさ)取り向けてはや帰り来ね/万葉 62」

かこ くわ― 【過去】
〔仏〕 三世(さんぜ)の一。生まれる前の世。前世。過去世。
※文法で、動作・作用・状態などがすでに行われたものとして表す言い方。日本語の場合、口語では助動詞「た(だ)」、文語では助動詞「き」「けり」を付けて言い表す。なお、英語などでは動詞の時制の一とされる。


たより 【便り】
〔「頼り」と同源〕(消息などを)知らせてくること。また、そのもの。音信。手紙。
「お―本当にありがとうございます」「その後なんの―もない」「風の―」

たより 【頼り】
〔動詞「頼る」の連用形から〕
(1)たのみとする物や人。
「夫を―にする」「地図一枚だけを―に山を登る」
(2)てづる。つて。縁故。
「―を求めて就職する」
(3)手がかり。きっかけ。契機。
「真成(まこと)の小説稗史となるべき道をひらかん―となるべし/小説神髄(逍遥)」
(4)手段。方便。
「あふべき―もなければ/浮世草子・五人女 4」
(5)便利。便宜。
「―よき小嶋に姫宮を預け置/浄瑠璃・国性爺合戦」
(6)都合のよい時。ついで。幸便。
「をとこなま宮づかへしければ、それを―にて/伊勢 87」
(7)つながり。関連。
「簀子・透垣の―をかしく/徒然 10」

■□■□大辞林□■□■


制作の参考:
ねむれないあなたへ「UA-25&fender precision bass」
▲ベース&ヴォーカルはUA-25でダイレクトなライン録音

ねむれないあなたへ「guitar port&fender stratcaster」
▲そのほか
・録音時のヘッドフォンモニタはAKG K141。
・ギターはストラト。
・モデリングはLine6。
※編集時はモニタ数種使用


マイコメント:

「かなしみのないあさやけ~」
の句は、
『煩悩からの開放』を意とし、
身体は消滅しても波間に在るであろう、
数々の魂にささげる、とします。


午前四時。
早くも東の空は
薄明るい季節です。


ご来訪、有難う御座います♪
Ryoji Suzuki




Date: 2011.04.26 Category: うた&ギター/ベース  Comments (9) Trackbacks (0)

まじですが

ねむれないゆるゆる
ねむれないあなたへ「秋桜好きですか?」
・・・過ぎた夏の
夢誘う月影揺れて
想いはあなたの優しさ


星たかきは
風を紡ぎ
流れ雲は
秋の気配

コスモス

細手に呼びあう声
静かな夕暮れ


ふたりの愛が
ひとつの愛に
かわるときこえて
扉あけてなにもない

こえることできない


飛びたつそのとき
忘れない
手をつなぎ
うつせみ
のこした
よろこび


雲たかきは
影も消えて
碧海の
そこに咲くは

コスモス

銀河の
花の色は
君の
声そのもの▼






鈴木亮司<楽曲の演奏&うた・著作/制作>(c)2010 Ryoji Suzuki

ねむれないあなたへ「この曲で演奏した楽器」ねむれないあなたへ「アンプシュミレータ」
▲ゆるゆる~ん♪

■□■□ことば■□■□

※ほそで

歌詞にある、
細手=ほそで”
ということばの意味、有無を
調査しましたが、見つかりませんでした。
ですので、

◆ほそで◆
ここでは、コスモスの細い葉「細い手」、
草むらに鳴く虫の様子や「穂の袖」などの装飾描写。

↑というおもいでうたいました♪
Ryoji Suzuki(2010)造語?的ですが、
ご容赦ねがいまするm(_ _)m

※関連で、「てぼそ」「そで」の意味と用例を、
記しておきます。

◆てぼそ【手細】◆

(1)絹の、帯状の布。腰帯・ほおかむりなどに用いた。
「紅の―に目を塞ぎ/浮世草子・諸艶大鑑 4」

◆そで【袖】◆
〔「衣(そ)手」の意〕
衣服の左右の腕をおおう部分。和服では、袂(たもと)を含めていう。
「―が長すぎる」「―を翻す」

――返・す
袖を折り返して裏側を表に出す。こうして寝ると恋しい人を夢に見ると信じられていた。
「しきたへの―・しつつ寝(ぬ)る夜落ちず夢には見れど/万葉 3978」

――に露(つゆ)おく
袖に露がかかってぬれる。悲しみの涙で袖がぬれる。

――に湊(みなと)の騒・ぐ
泣く声とともに袖に涙が落ちる。
「思ほえず―・ぐかなもろこし舟の寄りしばかりに/伊勢 26」

――振り合うも=多生(たしよう)(=他生)の縁(えん)
〔「振り合う」は「触り合う」とも〕道で見知らぬ人と袖が触れ合うのも深い宿縁に基づくものだ。

――振・る
袖をひらひらさせる。別れを惜しんだり、合図をするしぐさ。
「野守は見ずや君が―・る/万葉 20」

――別・る
袖を重ねて共寝をした男女が別れる。袂(たもと)をわかつ。
「白たへの―・るべき日を近み/万葉 645」

――を絞・る
涙でぬれた袖を絞る。ひどく泣くさまをいう。
「契りきなかたみに―・りつつ/後拾遺(恋四)」


◆へきかい【碧海】◆
あおい海。あおうなばら。
※宙(そら)から見る大地をイメージしながら、
「みどりうみ」と、うたいました。



参考引用:大辞林 第二版(三省堂)
■□■□excite■□■□


ご来訪、ありがとうございます(^o^)♪
ねむれないあなたへ「ゆるいわたし」
Ryoji Suzuki

↓こちらもお楽しみ♪
◆最新記事◆
10月13日とくいです!New!
10月7日ふわわわ←オススメ!
10月6日おろおろ
10月3日ぷくぷく
10月3日こわれたよ
10月2日あさ?

Date: 2010.10.01 Category: うた&ギター/ベース  Comments (10) Trackbacks (0)

なみゆらぎ

ねむれないカイソウ
ねむれないあなたへ「ワカメor昆布」でしょうか?


わたつみの
メロディ
しおのかぜ
多くのさち踊り
青い波に戻る
影とひとみ


しおさいのうたに
いのりあい
歴史のなみだこえ
目覚め
ひかり描く
きみ


愛雫盃


ひとなみおくり
ボードぬらして
のせたしあわせ


そこに願いと
星降る海は
リズムくりだす


しずみおもう
月満つ


さざなみよぶ
夜明けへ▼(2010年6月28日tempo&balance,beat/remix)






鈴木亮司<著作・演奏・歌>(c)2010 Ryoji Suzuki
ねむれないあなたへ「スリーフィンガーピッキング奏法」
▲「スリーフィンガーピッキング奏法」指版”付近での演奏。

ねむれないあなたへ「スリーフィンガーピッキング奏法」
▲「スリーフィンガーピッキング奏法」ピックアップ付近での演奏。

ねむれないあなたへ「フレットレスベース」
▲「フレットレスベース」の演奏でこの曲を支えています。

ねむれないあなたへ「肖像画風」
▲携帯電話のピクチャアレンジで、肖像画”風に。昨日(2010/5/1)撮影。

■□■□■語句参考■□■□■
わたつみ-の 【〈海神〉の】
(枕詞)
(1)海が深いことから、「深き心」にかかる。
「―深き心を/土左」
(2)海の底の意で、「そこ」にかかる。
「―そこのありかは知りながら/後撰(恋二)」

しおさい しほさゐ 【潮騒】
〔「しおざい」とも〕
潮がさしてくる時の波の音。寄せ来る波が立てる音。

さざなみ 【細波/小波/漣】
〔古くは「ささなみ」〕
水面に一面にできるこまかい波。 「―が立つ」
■□■□excite辞書調べ■□■□

Date: 2010.05.02 Category: うた&ギター/ベース  Comments (3) Trackbacks (0)

そしてあい

ねむれないよをこえ
ねむれないあなたへ「そして愛」
霜の柱
残り光が・・・

Date: 2009.12.18 Category: うた&ギター/ベース  Comments (10) Trackbacks (0)

とこしなえ

ねむれないメビウス
ねむれないあなたへ「540°ひねったメビウスの帯(輪)は三葉結び目に!」
「うん」

それは
きみが
ぼくのこころ
あたためてくれるようなコメント
くれたね

だからさ・・・

Date: 2009.11.17 Category: うた&ギター/ベース  Comments (16) Trackbacks (0)

せいざゆえ

ねむれないオリオン
ねむれないあなたへ「オリオン座」

薄く
棚引く
夜更けの
調べは・・・

Date: 2009.10.31 Category: うた&ギター/ベース  Comments (10) Trackbacks (0)

めぐるよる

ねむれないだけども
ねむれないあなたへ「扉」
おもい
やどる
たね
めぶいて
みどり
みちるまま
ゆたかな
ながめの・・・

Date: 2009.10.18 Category: うた&ギター/ベース  Comments (10) Trackbacks (0)
okitegami & blogram
Ranking & Social Button
まどろみリンク
トラックバック
おともだち
ninjya tools