FOOLS TIME

ねむれないBUZZBEAT
201305242335_06.png
『FOOLS TIME(フールス・タイム)』


・・・前回に続き、

BUZZBEATについて書いてみる。


BUZZBEAT(バズ・ビート)は、

1985年にサイタマと東京で活動していた、

アマチュアロックバンドだ。

当時のギターが昨年死去したので、

そのギタリストのセレモニーでもある、

イベントが地元サイタマで行われる、

というわけだ。

その日、2013年5月26日。

当日演奏する楽曲についてこのブログに連載、紹介しておく。
 

web拍手 by FC2

『FOOLS TIME(フールス・タイム)』


この曲の歌詞を載せておく。


くたくたさ

なにもみえない

聞こえる音はなんの音

つかれきったこのからだ

頭の中は渦巻く


Take me down

気がつくまえに

Take me down


FOOLS TIME, FOOLS TIME.



ここにいても

かわらない

流れ出されて

しまいそう

何か感じているみたい

何か思っているみたい


Take me down

気がつくまえに

Take me down


FOOLS TIME, FOOLS TIME.




夢にみていたような

日々が

もし目の前にあらわれたら

時の歪みに落ち込んで

抜け出せなくなってしまうさ


Take me down

気がつくまえに

Take me down


FOOLS TIME, FOOLS TIME.



--------------


今回は、

そのセレモニーイベントでの、


演奏するメニューから、

『FOOLS TIME(フールス・タイム)』


という歌をここに載せる。



【title : FOOLS TIME】




Texte alternatif




◆著作:BUZZ BEAT & Ryoji Suzuki (c) 2013
◆制作/編集:Ryoji Suzuki (c) 2013



この曲は、

ボーカル担当のまあちゃんと、これまでも、

演奏することが何度かあった。

1998年には故人も交え、

『THE MARR』というバンドでも演奏した。


1985~1986年当時の、

デモ音源に、


ボクがギターを重ね、

ドラムの演奏と、

ドラムの打ち込み、

オルガン系の音色と、

ベースを補い、

リミックスしたもので、

イベントのための楽曲練習を目的に作成したものです。


故人のギター演奏と、

当時のまあちゃんのギター演奏がところどころ聞こえ、

それらは主にリズムカッティングを担っている。




いつも有難う御座います<(_ _)>
Ryoji Suzuki(^o^)♪

Date: 2013.05.26 Category: BUZZ BEAT  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

▼コメント投稿フォーム

非公開コメント

トラックバック:


okitegami & blogram
Ranking & Social Button
まどろみリンク
トラックバック
おともだち
ninjya tools