てんきゅうへ

ねむれないボクから
the music of the spheres
“the music of the spheres”

“the music of the spheres” ― このコトバを『天球の音楽』と訳す。


◆┗┳┻┓◇┏┻┳┛◆┗┳┻┓◇┏┻┳┛◆


古(いにしえ)の・・・

・・・それは天動説の時代。


様々な学者たち、それと、

今で言うところの芸術家たちには・・・
 

web拍手 by FC2

・・・『天球の運行は、音階と同様に、

規律正しく行われているものである。

また音階は、天の動きや星の配列、

その軌道をなんと美しくあらわしているものなのだろう。

それはたいへんに神聖なことであるし、

崇高なるものである』


・・・というように認知されていた。


その後、

時代は様々な価値観と共に遷(うつ)り変わる。


地動説が唱えられるようになってからは、

現代の天文学や物理学、

常識的観念に至るところまで、


天体の動きと音階の係りを示すような説など、


現代に近付けば近付くほど

一般には聞こえなくなった。



今、

そういうことを言うのならば、


天体と音階は繋がっている

天文学と音楽には密接な関係がある


などと

もしも言うならば、


ロマンチックな物語として、

ファンタジー(=幻想)的イメージとして

一笑に付されてしまうこともあるのかもしれない。


いや、

悪いことばかり、

というのではなく

夢のひとつとして

想像を楽しむネタのひとつとして位置付けしても


草々偏見を呼ぶほどのことにもならないだろう。



ところで。



スピリチュアルな考え方、

スピリチュアルな情報の中に、


音楽とは、

或は天体の動きなどからも創造され、


orbits
▲惑星軌道とNOTE(引用)


星系、銀河の軌道や

宇宙に存在する

波として音楽をあらわす、


という話や、

そのような説を聞かないわけではない。



chakra gate
▲チャクラ・ゲート(引用)


地球のチャクラにも

それなりの周波数があって、

その周波数で音を奏でるなら、

そのKey(またはピッチ、チューン)で楽音を共鳴させるならば、


地球にも優しいし、

もちろん人間に癒しを取り戻す作用もある―


さらなるところに、

斯様な説が語られていても、

さほど不思議なことでもないのだろう、

とボクには思えていたりする。



chakra
▲身体とチャクラエネルギー(引用)

freq
▲身体のフリーケンシー(引用)



実際、

音楽は

聴く人のココロに響き

聴く人をリラックスすることに導き、

また音楽を聴くことで高揚したり

歌唱する、演奏することで生気を取り戻したり・・・と、

感情に、身体に、


いかなる人にも

なんらかのカタチで作用する

ということは言うまでもない。


前述で

『スピリチュアルな考え方』

という言い表し方をしたけれども、


実に音楽自体が

スピリチュアル(=精神〔上〕の,精神的な)そのものでもあるので、


本来なら

音楽について、

『スピリチュアルな~云々では』などと、

そのように言い回すことさえも必要ないことなのだろう。


ここに、

今日の記事に、

音楽に関して、

歴史や知識の詳しくについて、

特に難しくなるようなことは書かない。



けれども自分のことを書いておく。



ボクは、

音楽を創作するときは、


常に地球や天体、

魂、身体、心、記憶、空間、諸々に、

あらゆる鼓動や波動を感じ、

いわば必要な身体機能、

音楽を創造するのに必要な感覚、


その時、

働こう、創りたい、

とする自己の知覚、自己の衝動に全てを委ねる。



あるときは楽譜に

あるときは収録機器に

あるときは人の記憶に


自己の許す全ての感覚から、


そこらじゅうに存在しているエネルギーを

音に自覚的に変換して書き込むのだ。


ここにこうして並べたコトバにあらわされているほど


大袈裟なことではなくて

とてもカンタンなつもりであるのだけど―



と、これだけがボクにはわかっているんだ。



そして、

ボクはそれだけでいい



音楽をするって

それだけでいい


と思うことも多いよ。


◆┏┻┳┛◇┗┳┻┓◆┏┻┳┛◇┗┳┻┓◆


~と、

今夜、

天空のお星さまに向かって語りかけてみようかな♪




【今日の音楽 : 桃色の朝焼け】




Texte alternatif




◆title : feel a glow of peach-color
◆著作/制作:Ryoji Suzuki (c) 2014




◇辞書引用◇
the music of the spheres

『天球の音楽 』

《天球の運行で生ずる、とPythagoras が想像した、
人間には聞こえない霊妙な音楽》



▼おまけ画像※
the music of the spheres
※スペル・ミスの初期イラスト。
ブロガーのまーるちゃん、教えてくれてありがとね<(_ _)>



ご来訪有難う御座います<(_ _)>
Ryoji Suzuki(^o^)/10・9ュゥ♪

Date: 2014.02.03 Category: 作曲と制作  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

流木庵{え~ちゃん}

Date2014.02.03 (月) 06:47:58|編集

( ノ゚Д゚)こんにちは
. .パカッ        
. .. .. ..γ""⌒ヽ,
. .. .. ..んヘ/V'vヘ
. .. . . (,・∀・,)ノおはぃょぅ!
. .. .. .( 'ヘ/V'ヘ|)
. .. .. . ゝ、._,ノ.  今日もよろしくお願いします

Re: 流木庵{え~ちゃん} さま

Ryoji Suzuki

Date2014.02.04 (火) 15:28:36|編集

流木庵{え~ちゃん} さま

こんにちは。

いつも有難う御座います。

ようやっと、

記事を更新することができました。

これからも宜しくお願い致します。

Ryoji Suzuki(^o^)♪

▼コメント投稿フォーム

非公開コメント

トラックバック:


okitegami & blogram
Ranking & Social Button
まどろみリンク
トラックバック
おともだち
ninjya tools