スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ねつけない

ねむれないげんじつ
ねむれないあなたへ「絵」
かべにかけた

「風景」が

セピアの世界の

入り口「まほらま」・・・
 

web拍手 by FC2

いつまでもかわらず

おもいでは

ふたりのたのしかった

くらし

うつしてた

はるかな

かげとひかりの

ゆめでそまった

オレンジと青い空

すこしずつ

褪せるそのなかを

かけぬけて

きみとであった

そのままを

いまかさねて

「ようこそ」

愛するあなたへ

おくるよ

このうた▼







■title : まほらま
■鈴木亮司<著作・演奏・歌>(c)2009 Ryoji Suzuki/OOP

まほら-ま:

「まほら」に同じ。
「倭(やまと)は国の―畳(たたな)づく青垣山籠れる倭しうるはし/日本書紀(景行)」

まほろば:

〔「まほらま」の転〕「まほら」に同じ。
「倭(やまと)は国の―たたなづく青垣山籠れる倭しうるはし/古事記(中)」

『大辞林 第二版 (三省堂)』


▼ギター&ヴォーカルのサウンドセッティング
ねむれないあなたへ「Gear Box Over Bite」ねむれないあなたへ「Vocal Dry」

Date: 2009.09.21 Category: うた&ギター  Comments (6) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

安らぎのサウンド

浦太

Date2009.09.22 (火) 09:14:51|編集

リズムがせわしく、中にはドラムマシンの連打があまりに速過ぎてそれ自体がジーっと云う一つの音に聞こえてしまう曲さえ溢れている昨今、鈴木さんの作る音は何時もホッとするサウンドですね。

Re: 浦太 さま

Ryoi Suzuki

Date2009.09.25 (金) 13:29:33|編集

>浦太 さま


>安らぎのサウンド


あたたかい評価を賜り嬉しいです


たった今「浦太 さま」のログを拝読いたしたことで、

-----
サウンド。例えば、その「輪郭の濃淡」や「とあるイメージ」ばかりが先行することのないように、
つまりだれぞやに伝えるためのその「核=コア」とは、「目的」意識にあるのです・・・
-----

↑これらを学んでまいりました。

これからも宜しくお願いいたします~v-22

Ryoji Suzuki(^o^)♪


元の元

浦太

Date2009.09.25 (金) 14:06:48|編集

>Ryoji Suzuki さん
音楽を作る人のほとんどはプレイヤーでもありますよね。
私もそうです。

でも、プレイヤーになる前は「ただ単に音楽が好きな人」だった訳ですよね。

もっと前は「単に人」だった訳ですよね。

後からくっついたモノで元の部分がおかしくなっちゃうと、いけないんじゃないかなって思うんですよ。

極端な事言えば
「音として面白くても、長い期間聞いていたら生理的におかしくなりそうな音(体に良くない音)を垂れ流すのはどうか?
とかね。
「意識して」か「無意識に」かは分かりませんが、鈴木さん、その辺の事を大事にされている様な気がするんですよ。

Re: 元の元>浦太 さま

Ryoi Suzuki

Date2009.10.06 (火) 23:54:29|編集

>浦太 さま

こんばんは♪
「元の元」なるおことば、有難く頂戴いたしました。
そもそも「元の元」こそ、もっともシンプルな「ことがら」ですが、
-----------------
ことがら 【事柄】
ものごとの内容や様子。また、単にものごと。
「重要な―」「見聞したさまざまな―」
ことがら 【言柄】
(1)ことばの品位。ことばの趣。
「今の世の人の詠みぬべき―とは見えず/徒然 14」
(2)歌の風体・姿。
「此の歌は―やさしとて勝ちにき/無名抄」
※↑あ、すみません、「ことがら」を調べたらついおもしろかったので・・・
-----------------
「・・・ことがら」との表現は適切ではなかったかもしれません(^ ^;)

お話しをもとに戻しますね。
もっともシンプルであるはずの「そのこと」は、
「美意識みたいなもの」と「時代の潮流」と複雑に反応しあうようですね。
仮にですが、なにか「アート」みたいな表現を志す者は、「そのこと」を、「時代の潮流」に重ね相対させ、
己もしくは万人にとっての適切な意味を創造、追従し、次世代(又は現代において)を示唆するような役割を身をもって表現されるのだなあ、と感じております。
現代の多様化について、これも例えば、共存を求める、とするその行為には、
無限のプロセスが存在しているかのようにも感じております。
浦太 さまの作成されるログからも浦太 さまは見事それを体現されている、
と感じることができました。
私といえば実体験として言えるのは「まっすぐ」を追求すると、必然「まがりくねざるをえない」みたいな、
感じに陥り、ついつい顧み大笑いしてしまう有様です。
そして今後私の志すものは・・・ええ、まず楽曲での表現を試みます。
とうてい一人の力でなし得ることとは思えません。
是非、浦太 さま、(または、お読みくださったみなさま)どうか続きまして
ご指導のほう宜しくお願い申し上げますm(_ _)m
「意識して」か「無意識に」・・・は涙ながらに拝読いたしました。
私、元気に頑張ります!

Ryoji Suzuki

No title

さよちゅう

Date2009.10.07 (水) 19:20:46|編集

 また戻って来ちゃいました。
 今度はこっちにおじゃまします。
 思い出は二人の楽しかった暮らしうつしてた。
 そうだね・・・あのころにもどれればいいのになぁ。。。
 いいわ。。。このブログにはあたたかい何かがあります。
 何度もごめんね・・・。また来るわ

Re: さよちゅう さま

Ryoi Suzuki

Date2009.10.10 (土) 08:31:23|編集

>さよちゅう さま

おはようございます

もし記憶がなければ

人って

毎日が楽しくなるでしょうか

でも

僕は

何事も記憶にとどめないことに

極力努めています

たとえ楽しいことでも。

幸せって一瞬のものって

おもってます。

生きているうちに

きっと

1~2回くらいは

幸せっておもうこと

あるのかもしれないなって

おもっています。

だいたいはつらい気持ちでいたほうが

なんか気が楽です

「まほらま」

もしそんなところが

あるのなら

幸せのあまり

次のつらさがおそろしくて

いきていけませんv-238

現実を「愛する」

それ以外

なにができましょうや

そんな気持ちでありたいなって

うたにしてみました

Ryoji Suzuki

▼コメント投稿フォーム

非公開コメント

トラックバック:


okitegami & blogram
Ranking & Social Button
まどろみリンク
トラックバック
おともだち
ninjya tools
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。